2018
21
Apr

ブログ

まるに惹かれる心理

ついつい目がいく、好きな形はありますか?。

 

作品は作家の中身を形にして、

言わば普段隠しているものまでさらけ出すわけですが、

形というものには個性とは別に、人類共通の感覚が存在しているようです。

 

私は作品で球体をよく作りますが、

丸いものというのは、赤ちゃんが脳内で最初に認識する形だそうです。

人は生まれてから見えてくる形の中で、丸いものを認知する分野から発達していきます。

子供向けのアニメキャラクターに丸いデザインが多いのも、子供が一番惹かれる形だから。

 

丸い形には、攻撃性を抑えたり、保護本能を働かせる作用もあります。

男女ともそうですが、特に母親となる女性には、丸く、小さく、やわらかいものを守りたいという本能があり、

赤ちゃん(特に自分の赤ちゃん)が可愛く見えるというのも、育児本能のなせる業。

丸い(小さい)→可愛い→触りたい・守りたい

これは、動物の赤ちゃんや、物にまで生じる不思議な本能ですね。

 

そして大人になった人々は、丸い形に色々な意味合いを持たせていきます。

丸く収める

元に戻る

輪廻

永遠に続く…

私が丸に惹かれるのは、始まりも終わりもない、永遠を表現できるからなのだと思います。

人は生後、いつから自分が存在していると意識し、

そして死んだとき、ああ自分は死んだのだと意識できるのでしょうか?。

肉体に始まりと終わりはありますが、意識に明確な終始は付けられるのでしょうか?。

 

これからも、人の謎を造形で追及していきたいと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。